top of page

症例報告

ポカポカで思わず眠ってしまう

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

お灸写真①
ポカポカで思わず眠ってしまう

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

お灸写真①
ポカポカで思わず眠ってしまう

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

お灸写真①
ポカポカで思わず眠ってしまう

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

お灸写真①
ポカポカで思わず眠ってしまう

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

「熱い」「我慢しないといけない」「痕(あと)が残るのでは?」というイメージが付きまとうお灸。とらやのお灸は、まるでお風呂に入ったようにポカポカと心地よく、やけどの心配もご無用。気持ちの良さにいつの間にかウトウト、そして目覚めたとき身体はスッキリ。我慢も努力も必

お灸写真①
  • どのくらいの頻度でお灸施術を受けるのがよいでしょうか?
    今お辛い症状の状態や、どのくらい前からその症状が続いているのかでも異なりますので、まず、1度施術を受けていただき、その際に鍼灸師にご相談ください。 例えば、ぎっくり腰など急性疾患の場合、毎日続けて3回程度お受けいただくことがおすすめです。また、不調を改善していく場合は、最初は週に2回などお灸施術を行い、その後、体調をみつつ週に1回、2週間に1回など施術の間隔をあけていきます。 体質改善や養生としてのお灸の場合は、週に1回、月に1回など体調やお悩みあわせてお受けいただいています。
  • お灸が気にいったので、お友達にもセルフお灸をしてもよいでしょうか?
    人にお灸をするには法律で、国家資格をもつ「きゅう師」が行うことになっており、資格をお持ちでない方が人にお灸をすることは法律違反となります。 ただ、ご自身でご自分にお灸をされることは問題ありません。 また、ツボの場所をお伝えすること(「灸点をおろす」といいますが)も国家資格をもつ「きゅう師」のみに許可されています。 その理由として、例えばお友達同士で、肩こりにはこのツボがいいよと知っているツボを伝えた場合も、肩こりには多くの原因があり、場合によっては心臓疾患など病気の症状が肩こりとして現れている場合があり、間違ったお灸施術はかえって悪化を招きかねません。 また人により、ご自身が感じるお灸の刺激と、実際に体が受け取っているお灸の刺激には差があり、「大丈夫、もっと熱く」などいっている間に、脳貧血を起こしかねません。 あくまでもご自身のセルフケアとしてお灸を活用してください。
bottom of page